【実施報告】「英語 de クッキング」

開催日 : 2015年2月7日 土曜日
時   間 : 午後1時~3時
場   所 : 浦安市国際センター
参加費 : 300円
参加者 : 12名
メニュー : フォックラッドボッル、グロッグ

2月14日はバレンタインデー!それに向けて小学校1年生から4年生を対象に英語deクッキングが行われました。

今回はスウェーデンの定番お菓子、フォックラッドボッル(オートミールとチョコレートのお菓子)と冬によく飲まれるグロッグ(ぶどうジュースにスパイスを入れて温めて飲む)という飲み物を作ります。

講師をしてくれたのはスウェーデン人のトミー先生です。

まずは英語で自己紹介です。ちょっと恥ずかしかったけど、みんな英語でがんばりました!

 

 

先生からレシピの説明を受けて、材料を受取ったらさっそくお菓子作りスタート!

ボウルにオートミール、砂糖、ココアパウダー、バターを入れていきます。

バターを小さく切らずにそのままボウルに入れてしまうのにはみんなも大興奮!大胆です!

次にチョコレートを細かく割って、少量のバターと一緒に溶かします。

グループごとにならんで、交代しながら混ぜました。

溶かしたチョコをオートミールなどが入っているボウルにうつし、手ですべての材料をよく混ぜます。それにもみんな大はしゃぎ!

バターの大きな塊を溶かすのに一苦労。でも、「泥遊びみたい」「ハンバーグ作った!」などと言いながら楽しくできました。

そのあとは小さいボールを作ってココナッツをまぶします。

ボールを作り終わったら冷蔵庫でしばらく冷やします。

その間にグロッグの材料の説明を聞きます。

最後にスウェーデンを知ろうクイズ!

「スウェーデンの通貨は?」「スウェーデンの夏休みの期間は?」何問正解できたかな?

スウェーデンでは長期休暇に宿題は出ないということを聞いてみんなびっくり!「いいなー!!」という声が聞こえてきました。

お菓子と飲み物の準備ができたところで試食タイム!みんな静かにもぐもぐごくごく・・・自分たちで作ったお菓子はとってもおいしかったようです。

最後にトミー先生と一緒に記念撮影!

楽しんでもらえたでしょうか?

どうもありがとうございました。

~参加者アンケートより~

・みんなとお菓子が作れて楽しかった。

・他にももっとスウェーデンの料理が作りたい。

・クイズと全部の材料を混ぜるのが楽しかった。

~国際センターより~

最初は緊張していたためか静かな参加者のみんなでしたが、時間が経つにつれてだんだん緊張もほぐれ、賑やかな雰囲気の中、お菓子作りができました。また、少しでも英語に触れてもらえたと思います。何より、子どもたちの笑顔をたくさん見ることができて、スタッフ一同嬉しく思いました。また楽しい企画を考えたいと思います。
参加してくれたみんな、トミー先生、Tack så mycket!! (どうもありがとうございました。)