【実施報告】【2019年7月13日(土)】浦安在住外国人のための健康相談会

【実施報告】浦安在住外国人のための健康相談会

 7月13日(土)10時30分~12時で国際センターの研修室で浦安在住外国人のための健康相談会が開催されました。

 日本の保健医療の現場では、在住外国人の皆さんに対し言葉の問題のみならず、個々が経験している母国と異なる医療体制、健康観などを含め多様な文化的背景を理解した上での対応が必要とされています。そこで今回、順天堂大学大学院医療看護学研究科の岡本先生と大学院生の皆さんを中心に、在住外国人の多様な保健医療ニーズに対応するために健康相談会を開催しました。

 

 

 

 

 

 当日は6名の方が相談に来ました。病院の受診科、健康診断の結果、子育て支援など個々が抱える様々な疑問や不安に対して、大学院生のみなさんは個々の専門性を活かし英語とやさしい日本語を使って丁寧に相談にのっていました。

 参加者からは、「参加して良かった」、「相談にのってもらえ安心した」との感想がありまいた。

 当日の様子は7月16日(火)のJ:COMデイリーで放送されました

 

 

 

 

 

 今回の取り組みをきっかけに、在住外国人の方々にとって暮らしやすいまち・浦安の一助になればと思います。