【実施報告】【2019年3月26日 ともだち作りプロジェクトin国際センター】

【実施報告】ともだち作りプロジェクト in 国際センター

 

 

 

 

 

 

 

在住外国人と地域の日本人との交流の機会を提供し、お互いの文化の理解を深め、多文化共生のまちづくりを進める事を目的に、3月26日(火)11時~14時で「ともだち作りプロジェクト in 国際センター」が開催されました。

当日は7組の親子17名が参加してくれました。

 

最初に自己紹介です。

今回は、「自分の好きな遊び」をテーマに自己紹介をしました。

お気に入りのカードゲーム、本、おもちゃ、手芸作品、駒まわし、オリジナル絵文字などを紹介し合いました。

少し緊張しながらも、お互いの事を知ることができた貴重な時間となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フィリピン出身の保護者の方からフィリピンの遊びを教えてもらいました。

とても楽しく皆で盛り上がり、参加者同士が仲良くなるきっかけになりました!

 

 

 

 

 

続いて、「食を通しての多文化交流」をテーマに、日本のおにぎり作りに挑戦しました。

講師は正木れい子氏にお願いしました。

型を使って自分の好きな具を入れたり、手を使い握ってみたりと、美味しいおにぎりで会話も弾み、親も子も楽しい時間を過ごす事ができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、インドネシアのお菓子 Pandanケーキの説明を聞きながら、手作りのケーキを頂きました。

パンダンという植物の葉を煮出して作られる緑色の色素を入れているため、日本でいう抹茶のような色をしています。

 

 

 

 

 

後半は、まじっくまぁちゃん(浦安市在住 柴田真人氏)によるマジックショー&バルーンアートです。

次々出てくる不思議なマジックに親も子どもも釘づけです!

 

 

 

 

 

参加者からは、「とても楽しかったです」、「子どもだけでなく保護者も楽しめて、知る事ができた」、「他の子どもたちと交流できる良い機会でした」などの感想を頂きました。

みなさんまた、国際センターに遊びに来て下さい!!