【実施報告】【2019年3月2日(土)】多文化共生講座 映画上映会「バベルの学校」

【実施報告】【2019年3月2日(土)】多文化共生講座 映画「バベルの学校」上映会

 

 

 

 

 

 

 

実施日:2019年3月2日(土)14:00~16:20 (感想シェア会含む)

参加人数:28名(映画鑑賞会)7名参加(感想シェア会)

*ユナイテッド・ピープル 貸出教材DVD「バベルの学校」文部科学省特別選定作品 2013年

 

 3月2日土曜日に多文化共生講座映画「バベルの学校」を実施しました。

内容はフランスに移住してきたばかりの子どもたちがフランス語の集中トレーニングを受けるための適応クラスが舞台です。パリにある中学校の「適応クラス」の20の国籍で24人の生徒、24のストーリーを取り上げたドキュメンタリー作品です。フランス全土の劇場で公開され、反響を呼んだ感動作品でした。(上映時間 89分)

 

 

 

 

 

幅広い年代の方々に参加して頂き、多文化共生の意味がよくわかる良い映画でした。

 

上映会後感想シェア会を行いました。

テーマは「このクラスで印象に残った子はだれですか? それはなぜですか?」

考えをまとめる時間を少し取り、一人一人に感想を聞き全体で共有しました。

「同じアジア出身の子に共感できた」「宗教について考えるきっかけになった」「クラスになじまない子だが、本当は仲良くしたかったんだな」「国により事情がいろいろあることを再認識した」など短い時間でしたが、様々な感想がでた内容の濃いシェア会でした。

 

 

 

 

 

来年度の多文化共生講座は「外国にルーツを持つ子供たち」をテーマにして取り組んでいく予定です。

今後のセンター主催事業をお楽しみにお待ちください。