【実施報告】【2018年8月24日(金)】多文化共生講座「親子で地球ひろばへ行こう!!」

【実施報告】多文化共生講座「親子で地球ひろばへ行こう!!」

8月24日(金)に多文化共生講座「親子でJICA地球ひろばへ行こう!」が開催されました。

夏休みを利用し、親子でJICA地球ひろばを見学することで、楽しみながら国際理解・多文化共生について学ぶ事を目的として開催されました。当日は14組の親子31名の参加がありました。

 

 

 

 

 

 

 

※JICA地球ひろばでは、世界が直面する様々な課題や、開発途上国と私たちとのつながりを体感できる展示コーナーがあり、また青年海外協力隊として開発途上国でボランティア活動をした方の体験談を聞くことができます。

 

 

 

 

 

今回は、浦安市の大型バスきずな号でJICA地球ひろば(市ヶ谷)へ向かいました。バスに乗り込むまでの10分ぐらいの間に雨が降ってきてしまい、足早でバスが待つ場所まで皆で向かいました。

 

 

 

 

 

45分ほどでバスは目的地の地球ひろば(市ヶ谷)に到着し、地球案内人と呼ばれる案内係の宍倉さんに館内を案内してもらいます。

 

 

 

 

 

今回は「食べるコト、生きるコト」の特別展示があり、みんなで「食」についての展示を見たり、触ったり、調べたりしました。

 

 

 

 

 

親子で一緒に食品ロスについて考えます。

 

 

 

 

 

アフリカ生まれの栄養素すごろくです。

ゲームを通し楽しく栄養素について学びます。

 

 

 

 

 

第2部は地球案内人の宍倉さんから青年海外協力隊の体験談を映像を見ながら聞きました。

宍倉さんはエチオピアに数学教育で派遣され、小学生や中学生、先生たちに数学を教えて来ました。異なった文化の中で戸惑う事も多かったようですが、いきいきとエチオピアでの経験をお話しされる宍倉さんの姿が印象的でした。

 

 

 

 

 

12時からランチタイムです。

お昼は2階にあるJ’sCaféのお食事を頂きました。

本日はエスニックSetが好評でした。

 

 

 

 

 

午後の自由時間は、もう一度見たいところや民族衣装を試着したりして過ごしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

JICA地球ひろばからバスで新浦安駅前に、15時に到着しました。

 

 

 

 

 

充実した夏休みの一日となりました。

またの参加をお待ちしております!