【実施報告】【2018年11月3日(土)】浦安市国際センターin明海祭

11月3日(土)に明海大学で行われた明海祭に参加しました。

 

 

 

 

 

当日はお天気に恵まれ、気持ちの良い秋晴れでした。

今回の明海祭のテーマは~咲~(さく)で来場者、運営者共に笑顔咲く明海祭であって欲しいとの想いが込められているそうです。

前日から大学内は準備などで大忙しの様子でしたが、皆どこか楽しそうな雰囲気でした。

当日は10時からOpening Ceremonyが始まり、副学長、学園祭実行委員会会長のあいさつの後、各団体の紹介がありました。

 

 

 

 

 

国際センターは講義棟3階にある2331教室で国際センターの紹介と共に、アラビア文字を書いて自分のネームカードを作る「レッツトライ アラビア文字」、国旗と民族衣装を組み合わせて世界地図に貼る「ワールドマッチングチャレンジ」、民族衣装試着、夏休みを利用して国際センターでインターンシップをした明海大学生の展示を行いました。

 

 

 

 

 

「レッツトライアラビア文字」では、アラビア語のあいうえお表から自分の名前の文字を探します。アラビア語は右から左に書きますので、お手本を真似して書いたり、写したりして自分の名前を書きます。

「むずかしい~」と言いながらも、明海大学吹奏楽部の皆さんを始め、子どもたちや保護者の方も上手に自分だけのオリジナルネームカードを作りました。

最後は「楽しかった~」という声がこだまし、大好評でした!

 

 

 

 

 

国旗と民族衣装を合わせ、さらにそれを世界地図に貼る国際センターのオリジナルゲームである「ワールドマッチングチャレンジ」には、親子一緒に挑戦してくれました。子どもたちのみならず、保護者の方のがんばりが光りました!

 

 

 

 

 

 

 

その他、民族衣装試着、明海大学生による展示などを通して、世界の多様な文化を少し体験して頂けたでしょうか?

 120名以上の方にご来場頂きました。みなさんありがとうございました!