【実施報告】夏休み子ども日本語教室

7月22日と8月26日に「夏休み子ども日本語教室」を実施しました。

浦安市に住む日本語支援を必要とする児童を対象とした教室で、今回初めての試みです。

外国人が日本で暮らす理由は、転勤、転職、留学、結婚など様々です。家族で日本に移住するという人も少なくありません。当然、日本語が全く分からない状態で来日する子どもも多く、現在、その支援が求められています。

IMG_0032-1IMG_0022-1

今回参加してくれた子どもたちは、来日した時期も日本語の能力も様々でした。そのため、いわゆる「授業」ではなく、カタカナのカードで自分の名前や果物、動物の名前を作るゲームと、両親の名前をカタカナで書く課題をしました。

カタカナは形が似ているものが多いため、外国人が学びにくいもののひとつです。

カードの数が多いのでちょっと大変そうでしたが、みんな頑張って取り組んでくれました。

IMG_0042-1

 

 

 

 

 

 

またこのような日本語教室を企画したいと思います。

ぜひご参加ください!