スーダン料理にチャレンジ!!

 

前週のスーダン共和国紹介に続き、スーダン共和国関連のイベントとして、スーダン料理を楽しみました。そして、今回のイベントは2月最後のイベントとなりました。

 

【日 時】2016年2月27日(土)14:00~17:00

【場 所】浦安市国際センター(調理室・研修室1)

【講   師】マハセンK.B.モハメッド氏(スーダン共和国出身)

【メニュー】 オクラとトマトのシチュー

       ヨーグルトときゅうりのサラダ

       ハイビスカスティー・ハイビスカスジュース

       スーダン風プリン(試食のみ)

 

まず最初に、本日の流れを説明しました。

 

 続いて、自己紹介の時間を設け、まずは講師のマハセンさんに自己紹介をしてもらいました。マハセンさんは日本語を学習中で、ハラルフードについても日本語で簡単に説明をしました。説明をするにあたり、難しい言葉が多くありましたが、一生懸命、参加者の皆さんに話してくれました。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次に、グループで自己紹介をしてもらいました。料理のイベントにちなみ、「好きな料理」「嫌いな食べ物」を一つずつ挙げながら、自己紹介をしました。そして、浦安近辺にあるハラルフードを販売するお店を紹介しました。

                         本日のメニュー

最初にマハセンさんが実演をし調理スタートです。メイン料理は輪切りのオクラを使ったトマトシチューです。

            ↓スーダン風プリンは、マハセンさんのお知り合いの方に作ってきてもらいました。

             砕いたクッキーでプリンをはさんであり、甘さは控えめで優しい味がしました。
 

 

 

 

 

 

 

飲み物はハイビスカスティーとハイビスカスジュースで完成!! 

 

 

 

 

シチューの煮込みに少し時間がかかってしまいましたが、無事、全てのメニューを作ることができました。サラダは味付けにヨーグルトを使い、とてもヘルシーでした。メインのシチューは、牛肉のミンチや野菜などの具材が多く食べごたえがありました。ハイビスカスティーは酸味が強く、さっぱりとしていて、各メニューならではの味を楽しむことができました。

 

【参加者の方々からのアンケートより】

・普段、食べる機会もないので貴重な経験だった。

・日本人にもくせのない味でおいしく頂戴致しました。

・味もおいしく、作り方も難しくなかったです。

・スーダンという国に親しみがわきました。良い交流になりました。

 

その他、イベントの改善点、様々な国の料理イベントの実施をご希望する声もいただきました。

2月は館内展示、スーダン共和国紹介(2月20日)スーダン料理(2月27日)とスーダン関連のイベントが目白押しでした。日本から遠く離れたスーダン共和国ですが、浦安市周辺にはスーダンの方が在住しており、町中で見かけることも多いと思います。異なる文化、言語、料理を通し、皆さんのお隣や近くに住んでいる人達のことを、少しでも知るきっかけになれば、嬉しく思います。

最後に、今月のイベントにご参加、ご協力いただいた皆さま、ありがとうございました。